Event is FINISHED

Webアクセシビリティの学校 in 岡山(2015/11/7)

Webコンテンツの「アクセシビリティ」の考えかたと実践するための具体的なポイントを楽しく学ぶ少人数での講座。
Description

仙台、高松、大阪、東京に続いて、岡山でも初めて開催

「Webアクセシビリティの学校」は、アクセシビリティを確保したWebコンテンツ制作の基礎を学ぶ講座です。

【11/4(水)追記】 カウントダウンメール#1 をお送りしました。届いていない方は、info@weba11y.jp までご連絡ください。
 

大阪(9/2開催)での受講者の声:
  • 感覚的に考えていたことが、かなりロジカルな考えに転換しました。今後の制作の際、大きな変化がありそうです。ありがとうございます。
  • 本当に当たり前に行っている制作のルールが基礎なんだなと感じました。自分自身、よく見落としがいくつかあったりしますので、出来るだけ気を付けていきたいと思います。
  • 基本のことから教えていただいたので、 ディレクション&デザイン&コーディングそれぞれの視点から気を付けた方が良いことが分かりました。
  • 楽しくわかりやすく説明していただき、自分の理解が間違っていないかどうか確認する事が出来きました。
  • 和やかに受講できる雰囲気がとても良かったと思います。 アクセシビリティと言う名前にとらわれて難しく考えていたのですが、普段のSEO対策と大して違いが無いので、身構えずに対策を行う事が出来そうです
  • ブログ記事「Webアクセシビリティの学校 in 大阪に参加してきました。」
  • ブログ記事「『Webアクセシビリティの学校 in 大阪』のお手伝いをしてきました」

高松(7/17開催)での受講者の声:
  • Web制作会社にいながら、アクセシビリティのことはほぼ知らず、考慮なんてしていないしな、と、かなり身構えていたんですが、内容を聞いてみると普段実践していることばかりだったので、安心しました。
  • 3時間でしたが、短く感じました。
  • 普段の仕事で取り組んでいることが、アクセシビリティの向上につながっていることが実感できて良かったです!ハードルは思った以上に低いのかもと感じました。
  • Webアクセシビリティに関して詳しく&わかりやすく解説されている書籍やサイトがなくて、長年ずっと悩んでいたのですが、あまり深く考えすぎなくてもよかったのだと思い、安心しました。
  • 以前高松のセミナーでお聞きしてなんとなく実践していたのですが、実際閲覧することが難しい方の目線でどういう風に見えるのかが分かってとても参考になりました。
「Webアクセシビリティって何?」というWeb制作者、Web担当者の皆さん、日頃のWebコンテンツ制作の業務の中で、すぐに実践できることがあります。Webアクセシビリティを確保することによって、より多くのユーザーが、より多くの場面で、より多くの利用環境から皆さんのWebコンテンツを利用できるようになります。


写真:2015年5月21日、仙台で開催した際の「Webアクセシビリティの学校」会場の様子

「Webアクセシビリティ」という言葉を聞いたことがありますか?

「Webアクセシビリティ」といえば、2004年6月にWebコンテンツのJIS規格(JIS X 8341-3)が初めて公示されたことにより、高齢者や障害者を含む全てのユーザーがWebコンテンツを利用できるようにするという考え方が広く知られるようになりました。

さらに、スマートフォンやタブレットの普及、ウェアラブルデバイスやスマートデバイスの登場などにより、Webにアクセスする際の利用環境は多様化が進んでいます。それに伴い、Webコンテンツを利用するユーザー、ユーザーが使用するデバイスやユーザーエージェント、そして利用する場所や場面も多様化してきています。

そのため、私たちが制作して公開しているWebコンテンツは、いつ、誰が、どこから、どのようにアクセスしてくるか、ますます分からなくなってきています。近年では、単なる高齢者・障害者ユーザーへの対応のみならず、マルチデバイスやマルチスクリーンに対応することもふまえたWebコンテンツの品質基準の一つとして、「Webアクセシビリティ」を位置づける考えかたが広まりつつあります。

一方で、実は海外では、障害を理由とした差別を禁じる法律によって「Webアクセシビリティ」の確保が義務化されている国も少なくありません。日本では、2015年度にJIS X 8341-3の改定が予定されています。さらに、2016年4月からは障害者差別解消法という新しい法律が施行されることが決まっており、そういった側面からもアクセシビリティを確保したWebコンテンツの制作がますます求められるようになりそうです。

この講座では、明日からすぐにでも実践できる基本的なポイントについて、分かりやすく解説します。まずは、「Webアクセシビリティ」の考えかたとWebコンテンツ制作の基本の「キ」を一緒に確認しましょう!


日時

2015年11月7日(土曜日)14:30~17:30(受付開始:14:00~)


会場

岡山貸し会議室.com
(岡山市北区駅前町一丁目3-4 WAVE HOUSE BLDG. 岡山駅前 8F)


受講料

2,500円(税込)


定員

25名

主催

株式会社インフォアクシア

講座内容

Webコンテンツにおけるアクセシビリティ
  • Webコンテンツとは
  • アクセシビリティとは
  • アクセシビリティ確保の基本の「キ」
アクセシビリティを確保するWeb制作の基本テクニックとチェック方法(HTML/CSS 初級編)
  • コーディングの基本ルール
  • ページタイトルのつけかた
  • 見出しのマークアップ
  • リストのマークアップ
  • セクショニング要素とランドマークroleの使いかた
  • 画像の代替テキストの書きかた
  • リンクの注意点
  • 色の使いかた
  • フォーム作成のポイント
  • テーブルのマークアップ
  • キーボードによる操作 など
  • 質疑応答


対象

  • Web担当者、Web制作者など、Webサイトの運営やWebコンテンツの制作等に従事されている方(特に職種は問わず、どなたでも参加いただける内容です)
  • 「アクセシビリティ」という用語を知らなかった方
  • 「アクセシビリティ」という言葉は聞いたことがあるけど、実際に何をどこまでやればよいかが分からない方
  • アクセシビリティを確保するための基本的な制作テクニックを知っておきたい方
  • 多様化するユーザーの利用環境に対応したWebコンテンツを制作したい方
  • JIS X 8341-3やWCAG 2.0への対応に取り組んでいる、または対応を検討している方


講師

植木 真(うえき まこと)

株式会社インフォアクシア 代表取締役 Webアクセシビリティ・コンサルタント
  • 主に企業サイトやWeb制作会社のJIS X 831-3:2010対応をサポート
  • サイト診断、ユーザーテスト、ガイドライン作成、教育・研修などのサービスを提供
  • 日本工業規格「JIS X 8341-3」やW3C勧告「WCAG 2.0」など国内外のガイドライン策定に従事
  • ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)委員長(2012年10月~現在)
  • JIS X 8341-3 改正原案作成委員会 委員長 及び 分科会 主査(2014年度)


キャンセルポリシー

キャンセルされる際は、info@weba11y.jp宛にEメールにてご連絡ください。タイミングによって、500円の手数料が発生することがあります。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-11-04 08:34:38
More updates
Sat Nov 7, 2015
2:30 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 ¥2,500
Venue Address
岡山県岡山市北区駅前町一丁目3-4 WAVE HOUSE BLDG. 岡山駅前 8F Japan
Directions
JR岡山駅東口より徒歩1分
Organizer
株式会社インフォアクシア
174 Followers